読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの魔法

美容やダイエットなどについて。

「自分を運用する」ということ。

内面

「自分を好きになろう」みたいなことをいくら聞いても見ても、全然自分のことが好きになれません。自己肯定感ってすごく大事だとは思うけど……。見た目のことを褒められても、絶対信じられないし!

とはいえ、この姿形とは死ぬまで一緒にいなきゃいけないから、好きになった方が絶対に良い。鏡を見て落ち込む時間があれば、もっと有意義なことに時間を使った方が良い。

 

それで、最近気づいたのですが、「自分をうまく運用しよう」と思えば、「自分自身」から少し離れられて、客観的に考えられるんです。

「好き」にはなれないけど、自身に囚われずに済む。

自己肯定感がない人は、おそらく、「自分自身」のことを考えすぎているのだと思います。だから少しだけ自分自身から離れることが必要なんじゃないかな。

 

ただ、「自分を運用する」という言葉も、まだ自分自身ということにこだわっているとは思います。もっと「私はかわいい。わたしは最高。毎日ハッピー!」くらい思えたらよいのですが……

 

おまけ

自己肯定感が低いゆえに、誰かと比べたり、誰かの顔色を窺う私ですが、最近自分を認められた瞬間があります。

 

それは、昔実家で撮った写真を見たとき。

写真の中の私はまん丸でパンパンの顔をしていたのですが、笑顔がすごく幸せそうでした。あまりに良い笑顔だったので、「太っているけど、幸せそうだし、それだけ幸せに育ってきたんだし、この見た目でも良いかな」と思えました。一瞬でも自分を認められて、心がホッとしました。

いまもその写真くらい太っているので、結局ダイエットするんですけどね!笑

それでも、これはとても貴重な経験でした。