読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの魔法

美容やダイエットなどについて。

ミニマリズム・シンプルライフ

ミニマリスト」ってご存知ですか。

去年あたり、少しだけ流行り、賛否両論を呼んだ気がします。(賛否両論は個人的な感想ですが笑)

 

ミニマリストシンプルライフ

 

1年ほど前からミニマリストに興味を持って、特にハマっていたころはいくつものブログを毎日見ていました。

私のイメージだと、「最小限度の物で暮らし、豊かな生活を送る人」という感じ。(もとは芸術の分野の言葉のようです)同じミニマリストの中でも、「上質なものを少しだけ」という高級派と「お金がないから」という庶民派、「ものではなく経験にお金を使いたい」「時間を節約するために服を減らす」など、ミニマリストによって少しずつ意味合いが異なっているように思います。(独断と偏見です。違っていたらごめんなさい。)

極めているミニマリストはすごい。カーテンもテレビも炊飯器もいらない。人間関係も整理。とか。でもブログとか読んでいて、こっちもスッキリした気持ちになるから不思議です。

 

次にシンプルライフについての私の個人的な解釈ですが、ミニマリストよりももうすこし物が増えた人。みたいな。すごくふわっとしてますけども。装飾の少ない家具やベーシックな洋服を好むイメージ。

 

 ミニマリストに憧れる

 冒頭でミニマリストには賛否両論あると書きましたが、でもその潔さに憧れます。友人と1泊2日の旅行に行ったとき、彼女はトートバック1つで来たんです。驚いたと同時にうらやましくなりました。無駄がないものに美しさを感じる質なのかもしれません。

 

あと、物を持っていることに対してわずらわしさを感じるので。物が溢れていると、目からの情報が多すぎるせいか、なんだか心がもやもやしてきます。最小限のものにとどめて、心もすっきりさせたい。

 

憧れるものの、ほかのミニマリストさんのように、あそこまで物を減らすことが出来る気がしないです。カーテンも欲しいし、無駄だけど心を豊かにさせてくれる物もあるし。なので、ミニマリストを極めることは難しいかもしれないけど、出来る範囲で「ミニマル」な生活を送れるよう、整えていこうと思います。

 

なので、ややブログのテーマとはずれますが、今後ミニマリストシンプルライフ系のことについても書いていくと思われます。

  

ひとつの懸念

Twitterでも触れたのですが、最小限のもので暮らすなんて、とてもカッコイイけど、いろんなものを買って試して、合うものや好きなものを見つけていく方が、豊かになれるのかも?という疑問があります。いろんな経験を積んだ人には独特の魅力がありますし。

なやむところです。

 

あと、ノーメイクでも私十分綺麗なの、とか少ない服を着回すことに満足して、みすぼらしい格好をしていたり、勘違いが起こりそうで恐いです。別に元が美人なわけではないので。そこらへんは気を付けつつ、取り入れていきたいです。