キラキラの魔法

美容やダイエットなどについて。

美しいとか

憧れている同い年の女性がいます。

 

f:id:asdfg3106:20170227135349j:image 

 

聡明で、目指している場所が明確で、そこに向かって努力することを忘れない。

私が同級生の近況をSNSで知って、その充実ぶりに嫉妬したり、焦燥感にとらわれたりしているのを尻目に、そんなことはどうでも良い、私には関係ないと受け流すような芯の強さがある。

彼女には、そういう誰かが決めたような優劣の外側にいて、いつも自分の座標でものごとをとらえているようなところがあります。

 

他人のことが気になって仕方がなくて、比べて、落ち込んで、結局やるべきこともやらず、自己嫌悪に陥る私のことがずいぶんちっぽけに思えます。

 

彼女は、着飾ることとか、男ウケとか、そういう誰かに自分の価値を決めてもらうということとは、遠いところにいます。

 

彼女は流行最前線の恰好をしていないけれど、とても美しいと思う。

例えば彼女がテキトーな見た目をしていても、その心根自体が美しい。

 

そういう彼女のことを考えてみれば、見た目だけじゃない美しさがきちんとあることに気付きました。

そういう視点を忘れずに頑張ろう。

 

広告を非表示にする

目指す見た目の方向性

以前ブログで自己ベストの見た目を目指すと書きました。

ですが、あまりに曖昧だったので、どんなところを伸ばしていけばいいのか、をもう少し考えていこうと思います。

 

他人からどう見られているのか?

まずは、よく他人からどのようなイメージを持たれているのかを元に考えてみます。

 

よく言われるのが、

・クール

・こわそう

・ミステリアス

・大人っぽい

・キャリアウーマン

とかです。

 

要するに、「気が強そう」「冷たそう」な女の顔です。

 

顔のタイプは?

 

こちら(http://www.womaninsight.jp/archives/160807)の診断によると、「あっさりハンサム顔」でした。

診断内容はこんなかんじ↓

・ほんのりクールな顔立ちで、シンプル&すっきりした印象が魅力。一方で、冷たさや鋭さを感じさせてしまうことも……

・眉を主張させてアクセントをつけましょう。

・間食の無地服+細いプラチナアクセがマッチ。ラベンダーのトップスなら、ソフトさも加わります。

 

f:id:asdfg3106:20170224120210j:image

 

ちなみに、他の雑誌の顔タイプ別メイク特集を見ても、決まって薄い男顔になります、

なので、今後はこういうタイプ別に紹介されているメイク方法を参考にしてみます。

 

体型のタイプは?

 

体型のタイプ、つまりファッションの方向性が一番悩んでいるところです。

 

個人的には、かわいい系は似合わず、カジュアルはババ臭くなると感じています。

飾りがなく、シンプルな組み合わせの、どちらかというと、キャリアっぽい恰好が落ち着きます。ブラウスに9分丈パンツ、パンプスとか。雑誌でいうとOggi

 

でも、顔タイプ別と違って、自分でも自分がどういう恰好が似合うタイプなのか分からないので、「パーソナルカラー診断」「パーソナル診断」「骨格診断」など、プロの手をお借りして、似合うものを見つけていきたいです。

あとは試着をたくさんして似合うものを見つけたり。

 

他人から持たれるイメージ&顔のタイプから、当面はクールさを生かす方向で行こうと思います!

 

 

ダイエット

ダイエットの方法

 

ダイエットというよりかは、良い生活習慣を身に着ける気持ちでやってみようと思います。

 

f:id:asdfg3106:20170223115825j:image

 

正しい生活習慣

・夜は22~23時に寝る

・朝は5~6時に起きる

 

食事

・間食なし(飲み物はOK

・水をたくさん飲む

 

運動を習慣にする

・ストレッチ(朝夜)

・トレーニング(朝)

・脚のマッサージ(夜)

 

おまけ

 

効果があったダイエットとなかっとダイエット紹介。

私が今までやったダイエットで効果があったものは、「食べない」です。

あたりまえですよね。

食べるスイッチが入ると食べ続け、食べないスイッチが入ると食がどうでもよくなるという、極端なタイプなので、案外辛くはなかったです。

ただ、食べるのが怖くなるし、すぐに体重は戻るし、あまりよくない方法だと思います。

 

効果がなかったのは、「とにかくウォーキング」です。

歩く姿勢が悪かったせいか、そんなに効果はありませんでした。

ウォーキングをメインに据えたダイエットをしていたのに、思うように体重が落ちず、イライラしてやめました。

体力づくりの面ではよいとは思うので、ウォーキングありきのダイエットではなく、+αと考えてやろうと思います。

 

広告を非表示にする

スカルプDまつ毛美容液 レビュー

スカルプDのまつ毛美容液のレビューです。

 

商品説明

商品名/スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ

容量/6ml

価格/1730円(※公式サイトでの値段)

成分/水、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、ビオチノイルトリペプチド‐1、オリゴペプチド‐20、アセチルデカペプチド‐3、オクタペプチド‐2、オタネニンジン根エキス、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2K、サリチル酸シランジオール、パンテノール、水溶性ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、グルコシルセラミド加水分解コラーゲン、α‐グルカン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10‐30))クロスポリマー、酸化銀、ホウケイ酸(Ca/Na)、水酸化K

 

使用感

さすがに目に入るとしみるけど、目の周りに異常が発生するなどは特になし。

チップもまあまあ塗りやすい。

 

使用方法

朝晩2回、洗顔後の清潔なまつ毛に塗布。根元からしっかりと。

私は面倒くさがりやなので、スキンケア類の所に置き、スキンケアの一環としてやるようにしていました。 

大体3ヶ月くらい持ちました。

 

効果

まずは写真を見てください!

 

f:id:asdfg3106:20170221171334j:image

 

(写真の撮り方が下手で本当にすみません。

3ヶ月ほど使ったはずなのですが、8月と10月の写真しか見つからず……)

 

私にはかなり効果がありました!

ビューラーの使用でまつ毛が弱々しくなり、よく抜けていたのですが、まつ毛の一本一本がしっかりと生え、長くなり、量も増えました。

一番効果を感じたのは、まつ毛の強さですね。

以前はひょろっとしていたのが、太くしっかりするようになったので。

 

ただ、効果が現れるまでには少し時間がかかりました。毎日2回塗布して、効果が実感出来るようになったのは、1ヶ月後くらい。

「あ〜あ。お金の無駄遣いだったな。」と半ば諦めながら塗っていました。笑

 

今はまた別のまつ毛美容液を使っているので、使い終わったら、またレビュー記事書きます!

「自分を運用する」ということ。

「自分を好きになろう」みたいなことをいくら聞いても見ても、全然自分のことが好きになれません。自己肯定感ってすごく大事だとは思うけど……。見た目のことを褒められても、絶対信じられないし!

とはいえ、この姿形とは死ぬまで一緒にいなきゃいけないから、好きになった方が絶対に良い。鏡を見て落ち込む時間があれば、もっと有意義なことに時間を使った方が良い。

 

それで、最近気づいたのですが、「自分をうまく運用しよう」と思えば、「自分自身」から少し離れられて、客観的に考えられるんです。

「好き」にはなれないけど、自身に囚われずに済む。

自己肯定感がない人は、おそらく、「自分自身」のことを考えすぎているのだと思います。だから少しだけ自分自身から離れることが必要なんじゃないかな。

 

ただ、「自分を運用する」という言葉も、まだ自分自身ということにこだわっているとは思います。もっと「私はかわいい。わたしは最高。毎日ハッピー!」くらい思えたらよいのですが……

 

おまけ

自己肯定感が低いゆえに、誰かと比べたり、誰かの顔色を窺う私ですが、最近自分を認められた瞬間があります。

 

それは、昔実家で撮った写真を見たとき。

写真の中の私はまん丸でパンパンの顔をしていたのですが、笑顔がすごく幸せそうでした。あまりに良い笑顔だったので、「太っているけど、幸せそうだし、それだけ幸せに育ってきたんだし、この見た目でも良いかな」と思えました。一瞬でも自分を認められて、心がホッとしました。

いまもその写真くらい太っているので、結局ダイエットするんですけどね!笑

それでも、これはとても貴重な経験でした。

ミニマリズム・シンプルライフ

ミニマリスト」ってご存知ですか。

去年あたり、少しだけ流行り、賛否両論を呼んだ気がします。(賛否両論は個人的な感想ですが笑)

 

ミニマリストシンプルライフ

 

1年ほど前からミニマリストに興味を持って、特にハマっていたころはいくつものブログを毎日見ていました。

私のイメージだと、「最小限度の物で暮らし、豊かな生活を送る人」という感じ。(もとは芸術の分野の言葉のようです)同じミニマリストの中でも、「上質なものを少しだけ」という高級派と「お金がないから」という庶民派、「ものではなく経験にお金を使いたい」「時間を節約するために服を減らす」など、ミニマリストによって少しずつ意味合いが異なっているように思います。(独断と偏見です。違っていたらごめんなさい。)

極めているミニマリストはすごい。カーテンもテレビも炊飯器もいらない。人間関係も整理。とか。でもブログとか読んでいて、こっちもスッキリした気持ちになるから不思議です。

 

次にシンプルライフについての私の個人的な解釈ですが、ミニマリストよりももうすこし物が増えた人。みたいな。すごくふわっとしてますけども。装飾の少ない家具やベーシックな洋服を好むイメージ。

 

 ミニマリストに憧れる

 冒頭でミニマリストには賛否両論あると書きましたが、でもその潔さに憧れます。友人と1泊2日の旅行に行ったとき、彼女はトートバック1つで来たんです。驚いたと同時にうらやましくなりました。無駄がないものに美しさを感じる質なのかもしれません。

 

あと、物を持っていることに対してわずらわしさを感じるので。物が溢れていると、目からの情報が多すぎるせいか、なんだか心がもやもやしてきます。最小限のものにとどめて、心もすっきりさせたい。

 

憧れるものの、ほかのミニマリストさんのように、あそこまで物を減らすことが出来る気がしないです。カーテンも欲しいし、無駄だけど心を豊かにさせてくれる物もあるし。なので、ミニマリストを極めることは難しいかもしれないけど、出来る範囲で「ミニマル」な生活を送れるよう、整えていこうと思います。

 

なので、ややブログのテーマとはずれますが、今後ミニマリストシンプルライフ系のことについても書いていくと思われます。

  

ひとつの懸念

Twitterでも触れたのですが、最小限のもので暮らすなんて、とてもカッコイイけど、いろんなものを買って試して、合うものや好きなものを見つけていく方が、豊かになれるのかも?という疑問があります。いろんな経験を積んだ人には独特の魅力がありますし。

なやむところです。

 

あと、ノーメイクでも私十分綺麗なの、とか少ない服を着回すことに満足して、みすぼらしい格好をしていたり、勘違いが起こりそうで恐いです。別に元が美人なわけではないので。そこらへんは気を付けつつ、取り入れていきたいです。

 

見た目の「キラキラ」の話

前回(「キラキラ」ってなんだろう - キラキラの魔法)は自分の思う「キラキラ」をざっくりまとめました。

今回は、見た目の「キラキラ」について書こうと思います。

 

目指すところ

 

目指すところは「自己ベスト」の見た目。

これは作家・ライターとして活躍された、故雨宮まみさんが仰っていた言葉です。

いわく、「らしさ前回の『自己ベスト美人』には、世界をねじ伏せる強さ」があるそう。

私は、ちやほやされたいけど、でも芯が強く、聡明な、雄々しい美人になりたいので(全然モテなさそうだけど!笑)、この「自己ベスト美人」という言葉に感銘を受けました。

自分自身の見た目に自信が持てなくても、それでもやっぱりこの見た目で生きていくしかない。誰かが認める良さに依存することなく、私らしさを伸ばしていきたいです。

 

イメージとしては、鶴田一郎が描くような女性です。

意思が強くて、凛としたたたずまいで、スッと前を見つめるまなざしを持つ美人。

実在する美人で憧れるのは、ヴィクトリア・ベッカム。努力とセルフプロデュースの鬼という感じ。地位も名誉も美貌もセンスも持ち合わせている。あと幸せそうな築いているところも憧れます。(夫のスキャンダルがたびたびありますが……)

もう少し具体的に言うと、以前ブログで書いた美人の条件(美人の条件~実践編~ - キラキラの魔法)を満たす人です。

 

f:id:asdfg3106:20170215151431j:image

 

 

具体的なゴール

 

とはいえ、具体的なゴールがないと疲れそうなので、考えてみました。

 

【体型】

体重 47キロ

ウエスト 62

ヒップ 88

太もも 49

ふくらはぎ 30

足首 19.5

二の腕 23

 ・やせた?と言われる

・美人orかわいいと言われる

・やりたいことリスト(やりたいことリストと優先順位 - キラキラの魔法

)の項目をする