読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの魔法

美容やダイエットなどについて。

内面のキラキラ

引き続き「キラキラ」の話です。

(ポエマーでほんと恥ずかしいのですが、人に言えないこともかけるのが匿名の魅力だし……!)

今回は内面編。

 

内面の「キラキラ」?

以前(「キラキラ」ってなんだろう - キラキラの魔法)記事の中で内面のキラキラは、「聡明であること」、「誠実であること」、「行動的であること」。と3つを挙げました。

その中の1つ1つを詳しく見ていこうと思います。

 

まず、「聡明であること」。

知識がたくさんあって頭が良いだけでなく、理解力があり、ものごとを冷静に見て判断でき、たくさんある知識を応用出来る、そんな「優れた」人物ではないかなーと勝手に思っています。

 

次に「誠実であること」。

一人一人にきちんと向き合って、その場にふさわしい態度と言葉をつかえる人。そんな感じ。何気ない一言が相手を傷つけたりすることもあるし。

 

最後に「行動的であること」。

これ、この中で一番私のコンプレックスに基づいていて、改めるべきところです。私、本当に腰が重くて、ダラけた性格をしていて。こんな自分に心底呆れているのに、自信にすっごく甘いので、結局同じような毎日を繰り返してします。

夏休みの最終日に課題に手を付けて、それで終わればいいんですけど、結局提出送れる、みたいな。さらに、夏休みにいっぱい遊んでこうなればまだ救いがあるものの、40日のうち30日くらいは毎日テレビをボーっと見てダラダラ過ごす、みたいな。クズですよね。

こんなことを繰り返してきたのですが、そろそろこの習慣を改善します。

 

 

 

 

具体的には?

 

「聡明であること」→

・知識量を増やす(読書、映画を見る)

単純に知識を増やしても賢くはなれないのですが、そもそも知識が少ないので。

経験値を増やす(旅行、食、スポーツなど)

 

「誠実であること」→

・不要な発言を控える

 

「行動的であること」

・自分をコントロールするために、自分の思考のクセを見つけて少し変えてみる

これは、長い間続けてきていたことの真逆を目指すので、根本のところから分析して変えたいです。例えば、やるべきことがあるのに、なかなか行動できないとき、どんなことを思っているのか、どういう行動のとり方をしたらできたのか、など自分を研究対象にしてみようと思います。

 

あと、TOEIC700点を達成したい!

 

 

 

広告を非表示にする

「キラキラ」ってなんだろう

キラキラした人になりたくて、キラキラの魔法というこっぱずかしいタイトルをつけました。

今回は、ブログタイトルにもなっている「キラキラ」について考えたいと思います。

 

キラキラとは?

 

キラキラって何でしょう。

モノや人を形容する場合に用いられます。

 

モノの見た目について言う場合、それは単純に光り輝く様子を意味します。例えば星とか。

人の見た目についてこの言葉を使う場合、それは美しいとかかわいいとか、そういう姿形の良し悪しだけを評価しているのではなく、内面の輝きをも意味すると思います。

むしろ、内面の素晴らしさによって、容姿がより輝いて見えることもあります。

 

私は、見た目の良さももちろ磨いていきたいのですが、内面も態度も磨いて、輝いている人になりたいです。

 

 

私の思う「キラキラ」とは

 

見た目のキラキラは、「自己ベストの美しさ」。

内面のキラキラは、「聡明であること」、「誠実であること」、「行動的であること」。

外見も内面も、自信を見つめて、把握して、うまく運用する。

 

実を言うと、自分自身のこと、嫌いなんです。嫌気がさしてる。

最近まで、辛い時期が続いていたので、そのせいか心も全然ポジティブじゃなくて。

でも、少しずつキラキラしていきたいと思います!

 

ブログの内容としては、見た目を磨くこと(美容法やメイク、ダイエット)とメンタル(なりたい自分になる!みたいな)、あとは興味のあるミニマリズム(またはシンプルライフ)系になりそうです。

 

 

 

 

 

眉毛をプロに整えてもらった話

いきなりですが、私眉毛がコンプレックスなんです。左右で高さが違うし、雑誌を見て練習してみても、なんだかしっくりこない。眉毛は顔の中でも重要なパーツなのに、石原さとみさんもそう体現しているのに……

 

 f:id:asdfg3106:20170214121704j:image

f:id:asdfg3106:20170214121729j:image

どっちも可愛らしいですけど、下の方が似合う眉で、垢抜けてみえますね!

 

  

というわけで、眉スタイリングに行ってきました!

私が今回行ったのは、眉専門のサロンではなく、まつ毛パーマなども並行してやっている所。

特に「こういうイメージにしたい」等の要望を伝える間もなく、ササーっとプロの手で整えてもらいました。ちなみに、最近はやっているらしいアーチ型の眉です。

足りない所をペンシルで書きつつ、バランスを見ながらシェーバーで剃る程度のかなり簡易的なものでした。

でも行ってよかったですー!

 

自分では気付かなかった自身の眉の特徴を教えてもらい、スタイリングのアドバイスをもらっし、どういうアイテムを使ってメイクすれば良いのかという悩みにも答えてもらえたし。

 

自分の眉を見ながら、なんか変だとは思いつつ、具体的にどこが変なのか分からなかったのですが、店員のお姉さんの「あら、眉頭細いわね〜」という一言で、ハッとしました。

たしかに!見せてもらったら写真のモデルさんの眉頭と私の眉頭、よく見るとモデルさんの眉は、眉頭は私より太くて、眉尻がスッと細く、そのため全体的には綺麗な形になっていて。

「なんか変」の正体がわかって良かったです。これは人に指摘されないと分からなかった…

これはすごくありがたかったです。

 

今回は安い価格だったので、ササーっとスタイリングされて終わったのですが、眉専門のサロンにも行ってみたいです。専門のサロンだと、どういうイメージになりたいか、とか自分の骨格に合った眉をスタイリングしてもらうためのカウンセリングがあって、スタイリングもかなりしっかり仕上げてもらうことが出来そう。

 

今回、サロンには眉を伸ばしてから行きました。結構何週間か眉を放置してから来て下さいと推奨しているところもあるみたいです。

 

イメージだとこんな感じ。

これが…

f:id:asdfg3106:20170213170613p:image

 こう!

f:id:asdfg3106:20170213170625p:image

※ビフォーのボサボサ眉はあくまでイメージですよ!笑

可愛い子研究

テレビで紹介される「一般のかわいい子」が大好きなので、YouTubeでいろいろ見ていたら、だんだん共通項が分かってきた。

ので、そのまとめ。

 

共通点

・細い!

・髪型は前髪なしロングパーマ率が高い

・ヒール靴

・メイクしている

・変な眉毛の人がいない

・歯並びが綺麗な人が多い

 

さらに感じも良かった人

・笑顔が可愛い

・よく笑う

・でしゃばらない

・落ち着いた喋り方

・口元に手を当てて笑うと可愛い

 

ファッションについて

ノースリーブにタイトスカート

Iラインワンピース

シャツにデニム

などシンプルなアイテムを組み合わせる方が素敵に見える。

(古い映像だからおしゃれに見えないのは仕方がないけど…)

 

 可愛い子はたとえバイト先の制服だとしても可愛いけど、それでも髪の毛を巻いたり、メイクをしていたり、生まれ持った可愛さに甘んじず、可愛いをつくっているということがよく分かった。

あと、新鮮だったのが、振る舞いの感じの良さや笑顔が可愛かったりすると、思っていた以上に、すごく雰囲気がよくなること!大きな発見だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

やりたいことリストと優先順位

やりたいことリスト 

美人になるため、というか、興味があってやりたいことがいろいろあるので、リスト化してみた。

 

【体型】

・ダイエット

・脚の矯正(足首と膝がくっつく)

・骨盤矯正

・バストアップ

・下着のフィッティングをしてもらって買う

・永久脱毛(脇・ひざ下・ひざ上・腕・背中・VIO・顔)

・二の腕のぶつぶつをなくす

 

【髪】

・パーマ

・染める

・コテを買う

・自分で髪を巻く

・良いドライヤーを買う

 

【顔】

・ほくろ取り

・シミ取りレーザー

・メイクレッスン

・眉サロン

・まつげパーマ

・まつげを伸ばす

・小顔矯正

・高いコスメを買う

・高いスキンケア用品を買う

・高いクレンジング用品を買う

 

【歯】

・矯正

・ホワイトニング

 

【その他】

鼻毛カッターを買う

・香水を買う

・骨格診断を受ける

・パーソナルカラー診断を受ける

・ウォーキングレッスンに行く

・しぐさ・マナー本を3冊読む

 

優先順位

お金があれば、これらすべてを一気になりたいたけど、そうもいかない。 

限りある時間とお金を有効に使うために、自分にはまず何が必要か、そして今後はどうしていけばよいのか、優先順位をざっくり決めてみた!

 

まずはそのもの(体型肌髪肌)を整える!

その中でもお金を考慮して、以下の順に。

①タダでできるもの(ダイエット、バストアップなど)

②自分で安くできるもの(肌のお手入れなど)

③1回限りで終わる&プロに任せるもの(ホクロをとるなど)

④何回もかかる&プロに任せるもの(しみ取りレーザーなど)

 

メイク用品にお金をかけるなら…

①クレンジング

②基礎化粧品

③ベースメイク

④アイシャドウ

⑤マスカラ

⑥チーク

⑦眉毛

 

ファッションにお金をかけるなら…

①靴

②鞄

③コート

④パンツ

⑤トップス

⑥アクセサリー

 

かな!

 

 

 

美人の条件~実践編~

前回の記事では、美人の条件を書きました。

今回は、実践編と題し、では「どうすれば美人になれるのか」を考えていこうと思います。



 

①体型

ダイエット、(何かしらの)トレーニング、ストレッチ、ヨガ、整体、エステ

 

②髪

こまめに美容院に行く(カラー、パーマ、トリートメント)

ホームケア(シャンプー、トリートメント、ヘアオイル、洗い方・乾かし方を気を付ける、良いドライヤーを使う)

セット(ヘアアイロン、ヘアスプレー)

 

③肌

日焼け対策(日焼け止めをこまめに塗る、日傘、サプリメント

スキンケア(化粧水、乳液、美容液、オイル、パック)

その他(ほくろ取る、シミをレーザーで消す、顔脱毛)

日焼け対策(顔と同様に)

スキンケア(化粧水、乳液、ボディクリーム、オイル、スクラブ、脱毛)

 

④歯

歯列矯正、ホワイトニング、丁寧な歯磨き

 

⑤メイク

自分に合うものを見つける(雑誌を見て研究、メイクレッスン、パーソナルカラー診断、まゆサロン)

 

⑥ファッション

自分に合うものを見つけるパーソナルカラー診断、骨格診断、パーソナルスタイリスト、雑誌やお店の人を参考にする、友人にアドバイスを求める)

 

⑦その他

ネイルサロン、ハンドクリームやオイルでケア

まつげエクステ、まつげ美容液

マナー教室

ウォーキングレッスン

 

こちらも追加の情報があれば、また。

可愛い子観察

この前、とってもかわいい知り合いに久しぶりに会って、その可愛さに改めてびっくりしたので、なぜ可愛く見えるのか考察してみた。

 

彼女は、顔のパーツ自体は可愛い系で、洋服とかは雰囲気は美人系。

有村架純さんのような男受けのよさそうな可愛さがありつつ、全体の雰囲気としてはもう少し大人びている。

そしてもちろんモテている!

 

可愛いところ

・目がぱっちり

・肌が白く、キレイ

・髪質が良い(細く柔らかそうな髪)

・似合う髪型(ロングで緩いパーマ)

・細い

・似合うファッション(よれよれの服を着ているのは見たことがない)

 

これをまとめていて気付いたけど、彼女の造詣が可愛いのはもちろん、自分に合った可愛いをつくっている。

顔の輪郭がきれいな方ではないんだけど、それが目立たないように、輪郭を隠すような髪型をしているし。

輪郭を全面的に隠すと、ヘルメットみたいなシルエットになりそうなところ。だけど彼女は前髪を分けておでこを一部出して、髪の毛の量を全体的には少なめで毛先にややボリュームをつけてバランスよくしている。

洋服もフリルやレースがふんだんにあしらわれてあるような、デコラティブなものではなく、シンプルなアイテムを合わせつつ10〜30%くらいの割合で流行を取り入れている。

もちろん彼女は顔のパーツが可愛いし、体も華奢。でももし、おしゃれに無頓着で、適当に伸ばした髪の毛に適当なパーカーにジーンズという格好をしていたなら、こんなに可愛さが輝かないと思う。


試行錯誤の末なのか、単に好みがそのまま生かされているのか、天性のセンスがあるのかはよく分からないけど、自分の強みを活かしている。これは事実。

勉強になるなあ。

私もどういう系統が似合うか友人たちに聞いてみよう。

 

あとまねできるところは、

・肌をきれいに

・細い体型

・こぎれいな服装(装飾のないシンプルな洋服)

かな!

 

広告を非表示にする